Love Typing
タイピングの世界って意外と面白い。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 源 爺 526 18 96.6%
3 源 爺@0ミス 458 0 100%

今日はタイピングーで対人間戦を終えた後、
久々にグロウランドの打トレに挑戦してみた。
結果、数回のプレイでノーミス新記録。ミスありの記録については
一発目で好記録をたたき出せた。
ノーミスの方は、やはり遅く打てばいい、と精神的に
少し余裕ができるので、タイピングーでハイスピードで打ち慣らし
きった後なら、毎回記録更新は難しいがノーミスは叩きだし易いと思う。

前回ノーミスについてちょっと書いたが、今回も少しこれに触れて
書きつづっていきたい。
ノーミスは、どれだけリラックスできるか心に余裕を作れるか
ポジティブに考えれるかが重要な鍵となってくる。

大抵の打鍵トレーナーは60秒が普通だ。
しかし、この短い時間のなかでも色んな考えが頭をよぎる。
それは打鍵トレーナーでいつもハイスコアを狙ってる読者であれば
プレイしてる時、ハイスコアを目前にしてあと少しで打ち切るときなど
を思い出してもらえたらよくわかると思う。

この時、
詰まるな。失敗したら今までの時間がフイになるぞ!
と自分をひたすら追い詰めるか
別にミスしても、今回ここまでこれたんだから次また出せる。
さー、プレッシャーで負けるか、跳ね除けるか、
今は己との勝負に集中だ!
と自分との戦いを楽しむか。
考え方は人それぞれだが、どちらにしろ
ポジティブかネガティブかによって結果が変わってくる。

私が思うに、ネガティブでも打ち切れる可能性はないとは言い切れないが
それでもやはりポジティブのほうが打ち切る可能性が高いのではないだろうか。
如何にタイピングを楽しむか、これがノーミスハイスコアを狙う上での
重要な鍵になってくるに違いない。
いやこれはノーミスプレイに限らず、対戦などについても、
同じことがいえるのではないだろうか。
良い結果を狙うには、ただ技術だけを身につけるだけでなく、
メンタル面についても少しずつ鍛えていくことが必要といえるかもしれない。
スポンサーサイト
新記録

グータイで対人間と対戦しながら1人プレイ。
今日のワードは普段と比べて比較的打ちやすかった。
今回、1人プレイ用ランキングで新記録458が出せたのはただ単に
ワード運が良かっただけだと思っている。
しかし、今回の記録は結構つまづいて(ミスが多かった)の結果だったので
これからも記録更新はしばらく続くだろう。
恐らく490くらいまでなら、すべてコンディションが整えば出せるのではないだろうか。しかし逆にそこまでいったらしばらくの間は更新が難しくなるということになる。

自分的にはミス一桁(5以内)で打ち切った!というときが、自分の中で現時点での実力で最後の更新だと思っている。
タイピングは徐々に成長しながらスコアが上がっていくのが普通だが
ごくまれに集中力が研ぎ澄まされて自分が最高に満足した(もうこれ以上は出せまいと思うような)スコアを叩きだすことがある。その後、再び新記録を出そうとするのは精神的にも実力的にも厳しいものがある。

ただもし、その後にまた更新が出来れば実力が上がったというのがハッキリわかる。
しかしやはり、そこまで行くにはなかなか根気が必要なのでタイピングが好きでないとそこまで辿り着けないだろう。
もしかしたらタイピングの速さ、成長などに必要な根本的なものはタイピングをこよなく愛することなのかもしれない。
mixiにて、かな打ちのコミュを作ってみた。
初心者、上級者問わないのでぜひこれに参加して
質問や参考意見など色々と情報交換をしてほしい。

comtitle.gif

Mixi コミュニティ かな打ち! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。