Love Typing
タイピングの世界って意外と面白い。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイ画面


シャドールームさん経由で、「源氏物語歌集 夕顔編」という新しいタイピングゲームを見つけた。
ローマ字、かな入力両方対応しているとのことで、早速プレイしてみた。
タイトルから予想はつくと思うが、これは古文を打っていくタイピングゲーム。
やってみて感じたことは、完成度が高いということ。グラフィック、バックで流れてる音楽、効果音などが、なんとも和の雰囲気をうまく出している。古文を楽しみながらタイピングできるので気楽にプレイしたいという人に向いているかもしれない。
普段なかなか古文を打つ機会がないので最初は難しく感じるが、打つものも決まってるので慣れてしまえば問題ないだろう。
さて、気になる今回の記録は・・。

結果画面


結果画面


空蝉
記録の良し悪しはよくわからないが、結果の解説がなかなか面白いことを言っているので、次のランクのも見てみたくなる。まだまだ記録は出せそうなので、またプレイしたいと思った今日この頃だった。
スポンサーサイト
>□1P 仮名/分 292_304_046_272_102_041_213_288_245_290_
>□2P 仮名/分 423_486_461_461_408_484_489_330_519_365_
>■ 0pt 平209 打349 ミス22 ■ 10pt 平442 打507 ミス12

ノーミス

※対CPU戦

今日は久々にグータイにて対ゲストとCPU戦。前者は2戦のみだったが、最後の2戦目で好記録、そしてその後の対CPU300戦でも、平均420越えノーミスと、かなりの好記録を出すことができた。

現在私は、ノートでネットをしているが、タイピングをするときは、別にUSBキーボードを使ってプレイすることが多い。というのはUSBキーボードの方が安定的で打ちやすいからだ。
しかし今日はソファーに座りながら、息抜き程度のつもりでノートのキーボードでグータイに臨んだわけだが、思いもよらぬ好記録を出すことができた。

これを見て改めて思ったが、USBキーボード(ノーマル)は、スピードも正確性もノートより安定しやすい。
一方ノートの場合だと、打ちやすいワードであれば、キーとキーの間が広いUSBキーボードよりかなり速いスピードで打つことができる。
が、しかし「夜(よる)」のような最上段から最下段にくる時などの打ちづらいワードがくると、USB以上に打ちづらく、最悪つまづいてしまう

かな入力の特徴のひとつに、打ちやすいワードと打ちにくいワードの速度差がハッキリしてるところが挙げられるが、ノートでプレイすると、この差がもっと大きくなるように思われる。

運がよければ、思わぬ好記録が出せそうな諸刃の剣のようなノートキーボードだが、私としては、やはり安定的であるUSBがしっくり来るので記録を狙うときはこっちでいきたい。
ロビー


昨日から再び歌謡タイピングに行き始めた。
歌謡タイピングは、タイパーより一般人の層のほうが大きいため、私の場合、遊びに行っても
不燃焼のまま、ゲームを終えてしまうことがしばしばある。昨日がまさにそれだった。
しかし、逆にたまに速い方(タイパーかどうかは不明)とプレイできると、とことん熱くなれる。
今日がまさにそれだった。

今日、ロビーに入ったとき、「和ジン」というタイトルの部屋が目に入った。
和ジンなんて曲あっただろうか、なんて思いながら試しに入ってプレイしてみると
日本語版ジングルベルのことを「和ジン」とよんでいたことがわかった。
このジングルベルという曲は、普通日本語の文を打っていくのと違い、英語の発音をどんどん打っていくという
一風変わった曲。単なる横文字を打つより難しいので、真剣に難易度が高いと言える。
しかし難易度が高い分、部屋のメンバーの方々のレベルも高かった。
特にその中の一人は、私と同等、いやもしくはそれ以上のスピードをもってられる方で、なかなか楽しめた。


そして休憩した後、今度は自ら和ジンの部屋を作成してみたわけだが、この部屋でも、入れ替わりはあったが簡単に速いメンバーが3人揃い、コンボなどを楽しむことができた。

どうも「ジングルベル」をプレイする部屋だと猛者が集まりやすいようだ。
これからしばらくジングルベルをメインにプレイしていきたいと思った今日この頃。


ところで、このジングルベルだが、先ほど述べたように難易度が高く、
これをスムーズに打てるようになるには、今以上の最適化が必要だと感じた。

とりあえず、今日気付いたのが、

・おなわんほー
「わ」を左薬、「ほ」を小指、「-」を小指で打ったほうが速い(?)。これから検証。

・おーばーざふぃ-るずうぃごー
「ふ」を左薬、「ぃ」を左シフトを押しながら人差し指の方が速い(?)。これから検証。


・じんるべーる 
く ゛」→「く」を左人差し指で打つ。

・わっとふぁんいといずとぅーらいだんしんがぁ
「と」を左薬、「ぅ」を左シフトを押しながら人差し指の方が速い(?)。これから検証。

・いてーずとーらいでな (※打ち応えがあるが、難しいフレーズ。特に最後に出てくるのが・・)
小文字は左シフトを使いも、上と同じように左手で打つ。

このくらいか。もっと良い最適化があるかもしれないが、以上を検証しながら探っていきたい。



今日は参加者が多い打トレを探そうと、かな入力でググってみた。
最初に出てきた打トレ設置サイトは、ぴこのスコア~楽譜さん。
ランキングは、白熱してるというより、気ままに登録してるという風な印象。
参加者数は予想に反し、少なかったが、どの参加者も他の打トレではみかけない方ばかりだった。

プレイ中、音楽とミス音が出る仕様になっており、サイトののどかな雰囲気とマッチしていい感じになっている。
おしい点は、スタートボタンをクリックするたびに、バックミュージックが初期化されて流れるところ。
embedタグを使って、別にプラグインを設置すると良いように感じた。

さて、記録はというと、

1 源 爺 334 11

ワードは、オリジナルで和むものが多くとても読みやすい。
他の打トレと違い、手が込んだ作りとなっているので、
また機会があったらプレイしてみたいと思った。
1 源 爺 447 22 1 源 爺 465 18

朝は少しぽぷタイをプレイした。ワード運にもめぐまれ、なかなかの高スコアを出した。
私的にはここくらいまでの記録が自分が出せるところかなと感じているが、また新たな高速タイパーらが
参加して、もっと上の記録をマークしたら、それを目指してさらに上を狙っていくだろう。

どの打トレにも共通するハイスコアを狙う鍵は、ひらがな文でなく、漢字含み文を読んで、少しでも先の文章を頭に入れていく、すなわち、速読しようとする姿勢が大切なのかなと改めて思った。

さて、ぽぷタイには、若干多くの打ちづらい苦手ワードが存在する。
少しでも速く打てるよう、克服していきたいところ。    

【今回の注目ワード】

ひとつのゆめをのがしたからこふたたゆめをのがさずにすんだのです


ゆめをという部分だが、(右手) 最上段→最下段→最上段と右手が忙しいところだが、こればかりは普通に打つしかないように思える。

・そして。これは両方とも左手親指で打ったほうが、後のワード(主にに前者)がスムーズに打てる気がする。
※ちなみに、「」の前の「こ」は右手人差し指。
とりあえず、まずはこれを意識して打っていこうと思う。
KanaToR (作者サイト:愛とゆりの部屋)

今日はKanaToRというフリーソフトを使って、ローマ字verの打トレで少し遊んでみた。
結構前からあるソフトで、かな入力者でもこれを使うとローマ字入力のタイピングゲームがプレイできるようになるというなかなか面白いソフトだ。ハンゲームにクロスワードというタイピングゲームが出たばかりの当初、これを使って遊んでいた。
ローマ字入力へ変換するにあたっての完成度は、70~78%くらいだと思うので、気軽にプレイするのには結構適している。
"気になるゲームがあるけど、ローマ字入力しか対応してない"という時にはぜひこのソフトをおすすめしたい。

ついでに、このソフトの設定の、ローマ字確定待ち時間というところを
最低値(1000)にすると、早く動作するようになった気がするので、良かったら参考にしてほしい。
他にどこかイジるともっとプレイしやすくなるかもしれない。また時間を見つけたとき、そういうところを見つけていきたい。


GROW LANDにて試しにプレイしてみた。

源爺 670 37

結果はどうあれ、現在の私の半端なローマ字入力では出せない記録だということは間違いない。
やりこめば、なんとか700までいけるかもしれない。
プレイのコツとしては、

・小文字を入力するときは、小文字がきてからシフトを押すこと(TODの要領と同じ)。
例:
しゃ → 「し」を打った後に、シフトを押しながら「や」を打つ。

・文末の文字を二回連続打つこと。(たまに打っても認識されないことがあるため)

1 源 爺 447 22

昨日に続き、本日もぽぷタイ。
先日、ランキングのところで、誤字があったところを指摘してたのだが、
今日プレイしてみると、早速訂正されていた。対応の早さはさすがだ。

さて目標の450も既に目前に迫ってきた。ランキングには新たにo-ck氏が参加されている。
私が記録を更新してる中、彼も同じようにぐんぐん更新し、勢いを感じさせられた。
統合版を通じて、ローマ字の高速タイパーと打鍵の記録を競えるのは面白い。
引き続きゲームを楽しんでいきたいところだ。

今回一番難しく感じたワードは、「プロゴルファー
キーボードに慣れてないとついついバックスペースを押してしまいがちになる。
さらに、eVerio氏が元プロゴルファーをされていたことにも驚いた。凄い。
【ぽぷタイ】
1 源 爺 400 21

今日は久しぶりにタイピングに時間を使った。
以前からプレイしたい思っていた、ぽぷらさんのとこの、ランキング統合版ぽぷタイをプレイした。

まず印象を言うと、打ってて楽しくなるような明るいワードが多く、長時間プレイしてもあまり疲れを感じさせない打トレかなと感じた。
よく私はぽぷら氏のブログを拝見しているのだが、日記を見て感じる彼の人柄の良さや明るい面が、タイピングの文に現れてるような気もした。
ランキングでは、他の打トレではめったにみない(私はかな入力版をやってるので当然だが)よく名を知っている、俺氏やタコウ氏、先月は、忘却の速打者氏、tomoemon 氏、
lynx氏など、他にも有名で実力があるタイパーが数多く登録されている。
グロウランドのかなランキングでよく拝見している、高速タイピストの海氏も先月参加されており、
開設してまだ間もないと思うが、すでにぽぷタイは盛り上がりを見せていたようだ。

気になった点は、漢字含み文のところ。
文字を入力するごとに文字色が薄くなるように設定されてあるが、
下のひらがな文と上の漢字含み文が一致していないようだ。
先日のタイパー100質で、漢字とひらがなでは「ひらがな」を読むと答えたが、バトタイなどのときは常にこれだが、打鍵トレーナーは漢字含み文のほうを主に読むので若干プレイしづらさを感じた。
しかし、これは技術的に難しいと思うので仕方ないかもしれない。

いずれにしろ、これからまたやりこんでいきたい。
現在は海氏の420が最高記録のようだ。
私も負けずに、まずは450を目指して打ち込んでいきたい。

今回気付いた、気をつけるべき点

癖(ぐせ)」

く (人) + ゛ (小) + せ(薬)

ついつい上のような運指になってしまいがちだが、
「せ」が薬だと、安定しないので、小指で打つように意識したいところ。


■別のこと
タイピングと関係ない日記のブログ。
http://dayof.exblog.jp/
前に回答したことあるが、そのログが見当たらないためもう一度やってみた。

Q1:質問を答えるに当たっての心意気をひとこと!


A1:軽くいってみよ~。

Q2:HNは?


A2:源 爺(げんじい)

Q3:誕生日と血液型をどうぞ


A3:9月20日。血液型はO型。

Q4:趣味を教えてください


A4:パソコンとかドライブかな。趣味増やしたい・・。

Q5:コンタクト着用?


A5:つけてません。

Q6:視力は?


A6:両方とも1.2くらいだったかなぁ。

Q7:自分のハンドルネームは何秒で打てますか?打ちやすい?


A7:みなもとじじい、と打って一秒くらい?ちと打ちづらい。

Q8:タッチタイプはもちろんOK?


A8:おーけー。

Q9:ホームポジション守ってます?


A9:まもってま・・せん。

Q10:指は何本使用しますか?


A10:9本ですかね。

Q11:それは何指?


A11:右親指以外。

Q12:もしやタイピング中、右小指が立ってたりしますか?


A12:立ちません。

Q13:というかタイパーですか?


A13:というより、タイピストかもしれない。

Q14:初めてキーボードを触ったのはいつ?


A14:中学のときかな。懐かしい。

Q15:本格的にタイピングを始めたのはいつ?


A15:高校に入ってから。

Q16:きっかけは?


A16:ふと家にあった「特打ち」というタイピングソフトを見つけて。

Q17:何故タイピングにはまった?


A17:単にランキングを競うのがおもしろかったからです。

Q18:いつまでタイピングを続けますか?


A18:とりあえず、飽きるまで続けます。

Q19:タッチタイプが全くできない頃にもどれたらどんな入力方法から始めたい?


A19:普通に、ローマ字入力からかな。使用頻度は少なかれ覚えて損はないです。

Q20:自宅と職場でタイピング環境はばっちり?


A20:自宅はばっちり。けど職場はそーでもないです。

Q21:タイプ系の資格があれば教えて下さい


A21:残念ながら持ってません。

Q22:自分のこれは自慢できるというタイピングSoftの記録などあれば教えて下さい


A22:イータイピングの493という記録です。今やったら500超えれるかな?

Q23:タイピング中のBGMはどんな曲?


A23:かけることは少ないけどHYのstreet storyっていうアルバムくらいかな。

Q24:ローマ字打ち?カナ打ち?


A24:どっちも打てるけど、主流はかなです。

Q25:日本語を入力する時ローマ字、日本語どっちを読みますか?


A25:日本語しか読みようがないです。ちなみに「漢字」と「ひらがな」だとしたら後者を読みます。

Q26:あなたのタイピングのモットーを教えて下さい


A26:正確性を大切に・・とか言いつつ実はスピード重視だったりします。けど、正確性も大事。

Q27:あなたのタイピングの良い所は?(理由も)


A27:速いところですね。仕事の文章入力も楽しくなります。

Q28:悪い所は?(理由も)


A28:特にありません。

Q29:やっぱり性格とタイピングは一致すると思う?


A29:バトタイの対戦でお互い7pt以上取ってるときとか、ハラハラするけどやっぱりこれも性格からきてると思うんで、一致すると思います。

Q30:どんな性格ですか?


A30:おおざっぱだけど時にまじめな性格だったり。

Q31:自分のタイピングを動物に例えるとしたら?


A31:うさぎかな。いや、単にうさぎが好きなだけです・。

Q32:色に例えたら何色?


A32:よくわかりませんが、とりあえず茶色と言っときます。

Q33:においに例えたらどんなにおい?


A33:例えるならミントでしょうか。

Q34:自分のタイピングの速度はCPUであらわすと?


A34:CPUはわかりませんが、ほとんどの人に負ける気がしないくらいの速度です。

Q35:どれくらいの速さだったらストレスなくスラスラ入力できると思いますか?


A35:イータイピング(jis)で常時390超えれる位の速度ですかね。

Q36:タイピングを本格的に練習する前の速さはどれくらい?


A36:早打ちタイピングゲームというやつで、45~60秒くらいの速さだったと思います。

Q37:現在の速さは?


A37:30秒切るくらいの速さですかね。

Q38:どれくらいまで速くなりたい?


A38:お気に入りの打トレでどの月でも、確実に一位を取れる速さまで。

Q39:どこからがタイパー?


A39:タイピングを好きになってからかな?

Q40:神速タイパーってどんな人だと思います?


A40:一言で言うと、私より速い人です。

Q41:タイピング習得して良かったと思う時は?


A41:スキルのひとつになったとき。 

Q42:悪かったとおもうときは?


A42:特になし。

Q43:タイピングでの得意な分野は?


A43:長文ですね。

Q44:不得意な分野は?


A44:英文とかですね。

Q45:一日PCどれくらい触ってる?


A45:2,3時間くらいかな。

Q46:一日の練習時間は?


A46:最近は練習時間5分未満です。しばらくしたら増やしていきたい。

Q47:最高で連続何時間続けてタイピングしたことある?


A47:14時間はやったかもしれない。振り返ってみると大したもんだ・・。

Q48:タイピング日記をつけている?


A48:一応つけてます。毎日ではないけど。

Q49:練習に使っているSoftは?


A49:ソフトは使ってません。主に打鍵トレーナーかな。

Q50:PCにはTYPEWELL MIKATYPEはインストール済み?


A50:どっちもインストールしてません。ミカタイプは1,2回しかやったことないです。

Q51:タイピングSoftのMyBest3は?


A51:1.タイピングオブザデッド。あとは全部同じくらい。

Q52:声を小さくしてWorst3は?


A52:特にないなぁ。

Q53:タイピングの神は今まであなたに何回、降臨したと思いますか?


A53:常に、光臨してます。

Q54:大幅に記録更新!真っ先に誰に伝える?


A54:誰っていうか、自分にですね。

Q55:記録更新できそうな最中、、ピンポーン、、さてどうする?


A55:終了間近だったら、終わるまで。それ以外なら出ます。

Q56:↑の時、銃声が、、、、どうする?


A56:上に同じ。

Q57:記録更新できそうなときにマシンがフリーズ、、どうなっちゃいますか?


A57:その日はパソコン止めますね。

Q58:記録更新した時の喜び方は?


A58:ョシ!

Q59:↑で人に迷惑をかけた事は?


A59:恐らくないでしょう。

Q60:チャットでつい相手の返答が遅いと先読みしてしまう?


A60:するかもしれないなぁ。

Q61:チャットでの返答も全速力?


A61:超全速力で打ちます。

Q62:あなたのマシンはデスクトップ?ノート?


A62:ノートパソコン。

Q63:アームレスト使用派ですか?


A63:いいえ。

Q64:キーボードの所持枚数は?


A64:一台です。

Q65:キーボードに己の鉄拳を制裁したことはある?


A65:ありません。というか、少し眠くなってきた・・。

Q66:キーボード交換頻度は?


A66:1年と少し前にキーボードを買い替えました。

Q67:スペースはどっちの手の何指?


A67:左手親指です。

Q68:バックスペースはどっちの手の何指?


A68:右手の薬指が多いなぁ。

Q69:手首、浮かせてますか?右手、左手?


A69:両手首浮かせてます。

Q70:学校ではタイピングを習った?


A70:小学校のとき習った気がします。

Q71:タッチタイプの変わりに使っている言葉があれば教えて


A71:タイピング。

Q72:尊敬しているタイパーは?


A72:いないなぁ。

Q73:この人のタイピングはレアだぞと思う人は?


A73:んー、とくにいないです。

Q74:自分のタイピングに惚れた事は?


A74:かな入力ということもあり、たまに惚れる。

Q75:タイピング中に周りに白い目で見られたことは?


A75:ない、と思います。

Q76:タイピングは趣味ですか?


A76:趣味ですね。

Q77:全力タイピング中口は開いてませんか?


A77:微かに開いてるみたいです。

Q78:↑でひょっとして無呼吸状態?


A78:そうでもないようです。

Q79:タイピングの調子がいいときはどんな時?


A79:問題文がハッキリと頭にはいっていくとき。

Q80:タイピングゲーム以外に何かゲームしますか?


A80:最近はあまりしないなあ。

Q81:ドラマ、映画などのタイピングシーンはどう思う?


A81:相変わらずローマ字が普及してるなーと思います。

Q82:↑でつい何と打っているか見てしまう?


A82:見ないなぁ。

Q83:HPつくるときはSoftなんかにたよらず打ち込み?


A83:結構前はメモ帳で頑張ってましたが今はドリームウィーバーですね。

Q84:ハイフンはもちろん薬指?


A84:もちろん小指です。

Q85:速読ができたりする?


A85:できません。

Q86:最適化はしている?


A86:かなりしています。

Q87:「うんぬん」何指を使って打った?


A87:左中 右人 左小 右人

Q88:速度重視?正確性重視?


A88:速度重視かな。

Q89:ミスタイプは平均何%?


A89:ゲーム時は10%以内。実用時は1%以内。

Q90:日常では最高速度のどれくらいでタイピング?


A90:80%くらいですかね。

Q91:学校、会社では自分がNo.1?


A91:会社ではもちナンバーワンです。県内はどうなんだろうなぁ。

Q92:ネットランキングで気にしていた人に抜かれました、さあどうする?


A92:もちろん抜き返します。

Q93:タイパー仲間はどれくらいいますか?


A93:そんなにいないなぁ。きわめて少ないです。

Q94:「typingattack!!!」という言葉に体が反応する?


A94:反応するかも!

Q95:タイピングオフは好き?その理由は?


A95:普通より少し好き。同じ趣味の人がいるんだなと実感できるからです。

Q96:オフで出会ってオーラを感じた人タイパーはいる?


A96:います。

Q97:「お疲れさま」これ打つのに何秒?


A97:0.3秒くらい?

Q98:さぁて、今まで考えるのにかかった時間は?


A98:20分くらいかかりました。結構かかりますね。

Q99:打つのにかかった時間は?


A99:どのくらいでしょうかね。

Q100:最後にこの質問へ全速力で一言どうぞ


A100:お疲れ様でした!


途中眠くなってきたので、最後あたり回答が雑になってるかもしれない。
vistaに移ったばかりのかな入力者がまずぶつかるのは"入力の切り替え"という壁だろう。
一応今、この雑記の右サイドに、かな入力の切り替え方を簡単に書いているが
このやり方だけでは、"ずっとかな入力"のままにすることはできない。
今日は、vista IE7におけるかな入力が永続的に適用される方法を書いてみた。

現在、私はvistaユーザーでIE7を使っている。xpからvistaに乗り換えたばかりだった当初、まず、かな入力の切り替え方がわからなかった。
XPではいつも「Alt+カタカナひらがな」を押せば簡単に切り替えれてたのに
vistaで同じようにすると、一応下のようなダイアログは出てくるが

切り替えダイアログ


ここで「はい」をクリックしても、切り替えれない。
他に何か方法はないかとネットで調べてやっと、「Ctrl+Shift+カタカナひらがな」という切り替え方もあり、それでかな入力ができるということがわかった。

一応この切り替え方法で、文章を入力するとき「かな入力」で打てるようになったわけだが、
しかし、このままではダメだった。
というのも、一旦文字入力フォームからフォーカスを外すと、ローマ字入力に戻ってしまうからだ。
これでは、毎回、入力するたびに切り替えキーを押さなければならないので面倒極まりない。

これを解決する方法をひとつ見つけた。


1. いつものようにブラウザを開く(IE7)
2. マウス右クリック+「V」でメモ帳起動。「ソースの表示」
3. メモ帳内で、「Ctrl+Shift+カタカナひらがな」を押し、かな入力に切り替える
4. メモ帳を閉じる

これをすれば永続的にかな入力のままで出来るようになる。
最初、いつのまにか、ずっとかな入力になってたので不思議に思ってたんだが、
一回OSを再インストールしてようやくこれに気づくことができた。


■参考 マイクロソフト社:
Windows Vista の Internet Explorer 7 で文字を入力する際 Alt+ ひらがな キーを押しても入力モードが切り替わらない
http://support.microsoft.com/kb/929881/ja

そう言えば、ここにも同じようなこと書いてあったな・・orz

※なお、この方法より、別のもっと効率の良いやりかたがあるかもしれません。
  「こっちの方がいいぞ」という方法があればぜひコメント欄に書き込んでください。
 そのときまたその方法を記事にて紹介させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。